柔軟性

凝りにくい身体にするためには

筋肉は使いすぎると疲労が溜まってしまいます。 疲労物質が溜まってしまうと筋肉がどんどん固くなって柔軟性がなくなってしまうのです。柔軟性がなくなるとどうなるのかと言いますと、イメージとしては古いゴムのような感じになるでしょう。本来なら伸縮性があるゴムですが古くなると伸縮性がなくなってしまい伸ばすと千切れてしまいます。極端ですが、筋肉も柔軟性を失うと同じような状態になってしまうのです。固い状態で無理やり伸ばすと筋が切れるとまではいきませんが傷めることは間違いありません。 そうならないためにも定期的に整体を受けて身体に柔軟性を保たせることが大切になります。整体は筋肉を緩めることで柔軟性を高めていく効果もあります。

疲れた時には整体を受けましょう

身体が重い時こそなどに整体を受けると効果を実感することが出来ます。整体にはリラックス効果もありますので身体だけではなく心の疲れもとることが出来るでしょう。出来ることならば定期的に整体を受ける癖をつけておいた方が良いかもしれません。定期的に受けることによってどんなメリットがあるかといいますと、まずは老廃物が溜まりにくい体質になります。 老廃物が溜まらないということはむくみなども改善されて体重は変わっていなくても全体的にスッキリした印象になります。それだけではなく、体内の流れが良くなることによって血流の流れも向上して身体が固くなりずらくなります。 その状態を癖づけておけば多少無理してもすぐもとに戻る健康的な身体を手に入れることが出来るのです。